枠組足場のサイズ規格とは

枠組み足場とは、建枠、ジャッキベース、昇降階段、交差筋違、手すり、仮設通路などの足場部材を組み合わせて使用する、組み上げ型の仮設足場のことをいいます。
枠組足場を組み込む際は、使用する建設現場の斜面や法面に沿って設置します。この枠組足場には2種類のサイズ規格があり、規格をしっかり押さえておかないと誤差が生じてしまいます。

枠組足場サイズ規格2種

枠組足場には、「インチ規格」と「メーター規格」の2種類があります。
インチやメーターという単位については、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
この2つのサイズ規格は全く違う為、枠組足場の設定時には注意する必要があります。

枠組足場のサイズ規格が2種類ある理由

枠組足場の設定時、サイズ規格が異なると不便を感じますが、なぜ2種類あるのでしょうか。

その理由は、枠組足場がそもそもアメリカから輸入されてきたことにあります。枠組足場が輸入されてきた当時は、基本的に「インチ規格」が採用されていました。アメリカでは、「インチ規格」一般的に使われていたものだったからです。

しかし、「インチ」にあまり馴染みがない日本にとって、枠組足場のサイズを測りにくいという理由で「メーター規格」の足場が登場しました。

現在、ほとんどの枠組足場レンタルや販売の企業がインチサイズを採用しており、インチサイズがデファクトスタンダードと言われていますが、小数点を使わないキリのいい数字になる点や、長さや重さはインチ規格の枠組足場と比べやや軽く短い為、物流コストの点から、一部でも「メーター規格」を採用している枠組足場レンタルや販売の企業もあります。

枠組足場を図るのに便利な早見表

1cm = 0.3937007インチが国際的な基準になっています。

メートル インチ
1m 約39.37in
2m 約78.74in
3m 約118.11in
4m 約157.48in
5m 約196.85in
 

法面や斜面にお困りの方、足場や階段のレンタルをお探しの方、仮設機材の総合メーカーとしての実績をもとに、お客様の土木現場に最適の足場・階段・仮設機材レンタルのご提案をさせていただきます。 法面・斜面への階段・足場のレンタルは、ぜひ日工セックにご相談ください。

当社主力のレンタル商品

建築・土木工事に関わる法面・斜面への階段・足場のレンタルは私たち日工セックにお任せください。足場レンタル・階段・仮設機材の総合メーカーとして、全力でみなさまのサポートをさせていただきます。

ラク2タラップ
アルミで軽い!簡単・迅速・安全を追求した傾斜自在階段の決定版!法面・斜面の強い味方です!仮設通路・足場レンタルのご要望は日工セックにおまかせください。
ラク2タラップ 詳しくはこちら >>
斜面ノリダー
安全・安心・効率アップ!傾斜面安全ステージ。昇降の安全対策に法面・斜面の強い味方です!仮設通路・足場レンタルのご要望は日工セックにおまかせください。
斜面ノリダー 詳しくはこちら >>
ラクラク台
らくらく設置。抜群な安定性で安全施工を確保するアルミ製移動式室内足場。仮設通路・足場レンタルのご要望は日工セックにおまかせください。
ラクラク台 詳しくはこちら >>
プラント機材シリーズ
プラント仮設の安全機材、日工セックの「プラント機材シリーズ」仮設通路・足場レンタルのご要望は日工セックにおまかせください。
プラント機器 詳しくはこちら >>
ウルトラセイフティー
組立解体に安全な手すり先行専用足場。作業に先立つ安全性を確保します。仮設通路・足場レンタルのご要望は日工セックにおまかせください。
ウルトラセーフテー 詳しくはこちら >>
ライトブリッジ
地中梁用通路・仮設通路。少人数・短時間でつくる安全通路の決定版!仮設通路・足場レンタルのご要望は日工セックにおまかせください。
ライトブリッジ 詳しくはこちら >>