枠組足場ってどんな仮設器具?

枠組足場ってどんな仮設器具?枠組足場は、足場工事の中でもっともよく使用されるタイプの足場で、ジャッキ・筋交・鋼製布板などの部材を組み立てる仮設足場です。基本的な構成部材としては、建枠・ジャッキベース・交差筋違・脚注ジョイント・アームロック・鋼製布板・階段枠・梁枠・壁つなぎ・手すり柱・手すり・手すり枠などがあげられます。昭和27年(1952年)にアメリカのビティスキャホード社から枠組足場を輸入したのが最初で、枠組足場を「ビティ足場」とぶこともあります。

枠組足場の特徴

□ 最もオーソドックスな足場の為、多くの付属資材があり、応用が利きやすい
□枠組足場の強度が強く、安全性の点でも非常に優れている
□枠組足場組み立て時はハンマーによる打ち込みではなく、ボルトや番線を使う為、騒音が少ない
□しっかりとした作業床を組み立てれる足場の為、細部までこだわった作業が出来る
□枠組足場の組み立てと解体に比較的手間がかからない

平成21年6月1日施行の労働安全衛生規則の改正で、以下のような墜落・落下防止の措置が必要となりました。
1.交さ筋かい+幅木(15cm 以上)
2.交さ筋かい+下さん(高さ15~40cmの位置)+メッシュシート
3.交さ筋かい+下さん・幅木と同等以上の措置(高さ15cm 以上)
4.手すりわく+幅木(高さ10cm 以上)
5.手すりわく+メッシュシート
6.手すりわく+幅木と同等以上の措置(高さ10cm 以上)

単管足場とは
日工セック株式会社は(社)仮設工業会正会員です。
製品の安全性と耐久性を重視し、粗悪品を追放するために昭和56年12月末、労働省の官報で<パイプサポート、足場、その他付属品等の>新構造規格が告示され、57年7月1日から完全実施されました。日工セックは仮設工業会立会いのもとに厳格な試験を受ける一方工場の審査にも合格し、仮設工業会より認定を受けております。
枠組足場の利用シーン

枠組足場は原則的には、地上から45メートルまで使用が可能です。その為、ビルなど大きな建物の外壁などで使われることが多いです。日本工業規格の旧規格では、枠組足場は原則として45mを超えてはならないという規定がありました(旧JISA8951)。 このため、一般的に、45mを足場の高さの上限とすることが多いようですが、独自に荷重計算を実施する等の方法によって足場の強度を検証した場合は、45mを超えて足場を組立てることも不可能ではありません。


枠組足場の施行例

足場の種類

当社主力のレンタル商品

法面や斜面にお困りの方、足場や階段のレンタルをお探しの方、仮設機材の総合メーカーとしての実績をもとに、お客様の土木現場に最適の足場・階段・仮設機材レンタルのご提案をさせていただきます。 法面・斜面への階段・足場のレンタルは、ぜひ日工セックにご相談ください。足場レンタル・階段・仮設機材の総合メーカーとして、全力でみなさまのサポートをさせていただきます。

ラク2タラップ
アルミで軽い!簡単・迅速・安全を追求した傾斜自在階段の決定版!法面・斜面の強い味方です!仮設通路・足場レンタルのご要望は日工セックにおまかせください。
ラク2タラップ 詳しくはこちら >>
斜面ノリダー
安全・安心・効率アップ!傾斜面安全ステージ。昇降の安全対策に法面・斜面の強い味方です!仮設通路・足場レンタルのご要望は日工セックにおまかせください。
斜面ノリダー 詳しくはこちら >>
ラクラク台
らくらく設置。抜群な安定性で安全施工を確保するアルミ製移動式室内足場。仮設通路・足場レンタルのご要望は日工セックにおまかせください。
ラクラク台 詳しくはこちら >>
プラント機材シリーズ
プラント仮設の安全機材、日工セックの「プラント機材シリーズ」仮設通路・足場レンタルのご要望は日工セックにおまかせください。
プラント機器 詳しくはこちら >>
ウルトラセイフティー
組立解体に安全な手すり先行専用足場。作業に先立つ安全性を確保します。仮設通路・足場レンタルのご要望は日工セックにおまかせください。
ウルトラセーフテー 詳しくはこちら >>
ライトブリッジ
地中梁用通路・仮設通路。少人数・短時間でつくる安全通路の決定版!仮設通路・足場レンタルのご要望は日工セックにおまかせください。
ライトブリッジ 詳しくはこちら >>
日工グループ 日工株式会社
トンボ工業
日工電子工業株式会社
日工興産株式会社
日工マシナリー株式会社
株式会社前川工業所 日工工程機械有限公司