足場は購入?レンタル?

建築現場や外壁塗装、防水工事等で、足場の存在はなくてはならない必須アイテムです。
工事の規模や場所によって用意する足場は変わります。その都度、現場に必要な足場を購入すると膨大なコストがかかります。利益や粗利を考えた際、「費用対効果」を考えるのは当然のことでしょう。
コスト削減の視点から足場資材のレンタル需要は年々上がってきています。

足場をレンタルする事で生まれるメリット

足場の保管スペース・人件費

足場を購入した際に必要となるのが、足場の保管スペースです。量が増えることによって、管理する為の人件費も必要となります。
足場をレンタルすることによって、保管スペースと人件費を節約することが可能です。

足場のメンテナンス

労働安全衛生法第519条にはこのようなことが明記されています。

第五百五十九条 (材料等)  事業者は、足場の材料については、著しい損傷、変形又は腐食のあるものを使用してはならない。 2 事業者は、足場に使用する木材については、強度上の著しい欠点となる割れ、虫食い、節、繊維の傾斜等がなく、かつ、木皮を取り除いたものでなければ、使用してはならない。

事故を減らす為に、足場を利用する際に損傷や変形がなく丈夫なものを使う必要があると制定されています。
足場をレンタルではなく購入した場合、常時、点検・メンテナンスも自社で行う必要があります。足場をレンタルすることにより、自社の負担が大きく軽減されます。
足場をレンタルする際、メンテナンスにおいて信頼のおける業者を選ぶことも大切です。

現場ニーズを元にし、独自のノウハウと経験を活かした安全で便利な仮設機材の設計開発・製造・レンタルを行って状況に応じた柔軟な足場設計から安全管理まで、建築現場をトータルでサポートいたします。足場のレンタルをお考えの方は、ぜひ弊社までお問い合わせください!