日工セック株式会社

仮設機材の総合メーカー・レンタル 日工セック株式会社

ラク2タラップ NETIS 平成26年度【推奨技術】に認定されました。

NETIS 登録No.:KT-010099-V
申請者名:日工セック株式会社
技術開発者:日工セック株式会社

ステップの一枚の傾斜角度を合わせるだけで、
タラップ全体のステップが一同に合わさる新昇降機材

ラク2タラップ 詳細はこちら >>

技術の概要

1. 技術開発の背景及び契機
従来、現場に於いて斜面昇降をする場合(1)梯子式(2)単管パイプ+緊結金具付ステップなどがありました。(1)に於いては簡易に昇降できるものの踏み桟でしかあらず、昇降の安定性に欠け、手持ち機材を抱えての昇降は難しく、(2)では設置時間が掛かり過ぎ、短期間の工事現場では必要であるにも拘わらず、設置されないなど軽視される傾向にありました。これらの問題を克服すべく、梯子を扱う程度の感覚で、あらゆる現場の傾斜角度に素早く対応設置できる安全で安心なアルミ合金製自在傾斜階段を開発、製作、提供するに至りました。

2. 技術の内容
本技術は現場の斜面勾配に合わせた角度で昇降階段が設置できるアルミ合金製自在傾斜階段です。1ユニット内のステップ一枚を斜面勾配に合わせるだけでユニット内のステップが一同に合わさります。傾斜角度は15度~70度。11段階調整で、ステップ幅は3種類(450mm、600mm、740mm)長さは3種類(1,400mm、2,450mm、3,850mm)から選択でき、それを連続設置することにより、広狭、長短問わず、あらゆる場面、現場で活用頂ける技術です。

3. 技術の効果
アルミ合金製(本体・手摺)での軽量化により、一般工法材に比べ重量比がおよそ1/3となり運搬の機動性が向上し、また自在階段のユニット化により角度調整、蹴上調整の一括調整が可能となり設置、解体の工程が短縮され施工性が向上します。
自在階段のユニット化により従来技術で起こりうるステップ角度及び蹴上寸法のばらつきが解消、均一化が図れ安全性が向上します。
手すりは平成21年度労働安全衛生規則の改正規格対応により、手すり、中さんが全角度規定高さに対応しており安全性が確保されています。

4. 技術の適用範囲
傾斜面での昇降を必要とするあらゆる場面で活用でき、15度(緩斜面)~70度(急斜面)に対応し、横幅は約700mm以上在れば設置できます。
特に地域条件などの制限は無く、建設車両や建設機械が設置使用しづらい、作業員による手作業が必要となる現場においては更に有効的に対応できます。

photo_1407

ラク2タラップ 詳細はこちら >>

仮設主要製品

 

▲PageTop